フォトエッセイ

Cruise:2015年世界一周クルーズ(104)

キャプテンズフェアウェルパーティー

緯度:N 43度 26分

経度:E 151度 3分

天気:

気温:14.0度

速度:18.3ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

今日は朝から雨が降ったり止んだりとはっきりしない天気です。そんな中、ギャラクシーラウンジではキャプテンズフェアウェルパーティーが開かれました。
まずは、小川クルーズディレクターの挨拶とトークから始まり、プロダクションショーの「クラシカルモーメント」は、チャイコフスキーの「白鳥の湖」から、エルガーの行進曲「威風堂々」まで、最後のフォーマルナイトにふさわしい華やかなショーとなりました。中村大輔船長が挨拶の後、今回のクルーズは本当に天候に恵まれたという話をされて、最後は皆で「蛍の光」を歌いながら終了です。いよいよ2015世界一周クルーズも終わりが近づいて来ました。
夜になると、ギャラクシーラウンジで清塚信也さんの2回目のピアノリサイタルがありました。
今回は、映画「戦場のピアニスト」より、ショパンの「ノクターン第20番~遺作~」、続いて、映画「海の上のピアニスト」より、モリコーネの「愛を奏でて」の2曲で始まり、ドビュッシーの「月の光」、そしてフォーシーズンズメドレー、清塚信也作曲の「恋」を披露、それから前回時間切れで演奏できなかったベートーヴェンのピアノソナタ第23番「熱情」より第3楽章では、エネルギッシュな演奏に思わず圧倒されてしまいます。クラシックばかりでなく、ガーシュウィンメドレーではジャズも聴かせてくれて、感動的なリサイタルとなりました。

著者紹介

大木 信哉

東京都江東区出身
1980年代より、インドネシアのバリ島をはじめ、アジア各地で人々の生活や文化などをテーマに撮影取材を続けている。
2012年には、写真展『心のキューバ』を、東京、大阪、福岡、名古屋の四都市で開催。
活動の場はアジアだけにとどまらず、ラテンアメリカにも広がっている。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP