フォトエッセイ

Cruise:2010年世界一周クルーズ(107)

「演芸会」

緯度:S 32度 12分

経度:E 31度 12分

天気:晴れ

気温:25度

速度:17.8ノット


海域:インド洋

寄港地:航海中

インド洋上での寄席もこの日が最終日、「さよなら高座」です。マギー隆司師匠のマジックは半分、語りの面白さで魅せますが、楽しいクルーズもこれで最後かという思いがあるのでしょうか、語りもマジックも一段と気合が乗っているように感じました。
古今亭菊太楼師匠は「つぼ算」でした。前振りで飛鳥IIでの船旅の楽しさを話して、入っていきます。前2回でしっかりと楽しませた師匠は、今回も大いに笑わせ大きな拍手を浴びていました。心なしか1回目よりも師匠が大きく見えました。
復活祭のこの日は手芸教室で「イースターエッグ作り教室」が開催されて、70人ほどの人が集まりました。中身を抜いた卵に色紙を貼り付けてかわいい装飾品を作ります。卵から鳥に生まれ変わることを復活にかけての宗教行事でしょう。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP