フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

「石川綾子 ヴァイオリンリサイタル」

緯度:S 34度 30分

経度:E 23度 4分

天気:くもり

気温:17度

速度:17.2ノット


海域:インド洋

寄港地:航海中

石川さんは2日前に11デッキ、パームコートでコンサートを行い、深い感動を誘いました。今回の3回目が、飛鳥IIでのさよなら
コンサートです。
チャールダッシュ リベルタンゴでは激しく強い音を、アメイジンググレースやショスタコビッチの「プレリュード」では、静かで深い音を聴かせました。いずれの曲もすばらしく、心地よい興奮の中で、豊かなヴァイオリンの響きを堪能しました。
ただ今25日23時、飛鳥IIはアフリカ最南端沖を航行しています。明朝にはケープタウンに入港する予定です。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP