フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

砂丘

緯度:S 22度 57分

経度:E 14度 29分

天気:晴れ

気温:15度

速度:0ノット


海域:南大西洋

寄港地:ウォルビスベイ

ウォルビスベイ近郊にある標高80mのDUNE7(デューン セブン)砂丘を訪れました。どこを見ても砂漠、砂丘ですが、その中で景観のいい場所なのでしょう。砂漠は多いでのすが、このような大きな砂丘が連なるというのは少ないようです。
頂上目指して飛鳥IIのお客さんも登ります。一緒に登り始めましたが、よろけてカメラが砂をかぶったら大変だと思い引き返しました。10人ほどの人が上まで登りきったようでした。皆さん元気です。
砂丘はもちろん迫力がありますが、砂漠のもうひとつの魅力は風が作り出したさまざまな造形です。西に傾いた太陽が強い影を作っています。帰りのバスの中でも写真を撮りながらこの美しさを堪能しました。
17時、セネガルのダカールを目指して出港です。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP