フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

セントヘレナ島

緯度:S 15度 35分

経度:W 5度 57分

天気:晴れ

気温:24.5度

速度:18.9ノット


海域:南大西洋

寄港地:航海中

浅井船長の朝の船内放送で、10時頃にセントヘレナ島2マイルまで近づきますとアナウンスがありました。
ナポレオンが流刑になった島です。こんなところにあるなんて知りませんでした。カナリア諸島かその周辺、言い換えれば北アフリカの沖あたりかと思っていましたが、こんな南の孤島とは。陸には最も近いところで1900kmあまりあります。
スエズ運河開通前は、このセントヘレナ島はインド航路の中継基地として重要な島でした。現在はイギリス領で、7000人前後の人が住んでいます。近づくと家も港も見えます。
ナポレオンの終焉の地として観光業も成り立っているようです。ナポレオンは1821年5月5日に死亡しました。ちょうど今から190年前です。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP