フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

講演 小林和男「イスラムはなぜテロを起こすのか」

緯度:N 20度 23分

経度:W 18度 0分

天気:晴れ

気温:20.5度

速度:17.5ノット


海域:北大西洋

寄港地:航海中

東京外大ロシア語科卒、元NHKモスクワ支局長。1992年ソ連崩壊の報道で菊池寛賞受賞。モスクワジャーナリスト同盟賞、プーシキンメダルなど受賞も多数の小林氏の講演です。
イスラムの怨念は7代溯って報復するといわれている。アメリカの9.11テロの原因はアルカイダの指導者オサマ・ビン・ラディンの長年にわたるアメリカに対する怨念が原因である。オサマ・ビン・ラディンが最近殺害されたが、これでことが治まることはない…報道の最前線で長年実情を見続けてきた小林さんの話は迫力があります。
アフガニスタン紛争時、アメリカはアフガニスタンを、即ちアルカイダを支援していた。ロシア撤退後アメリカはイスラム原理主義者を敵視するようになった。アルカイダも反米の姿勢を強めた…など、アルカイダの問題の難しさを痛感した講演でした。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP