フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

「リスボン入港」

緯度:N 38度 43分

経度:W 9度 7分

天気:晴れ

気温:22.0度

速度:0ノット


海域:北大西洋

寄港地:リスボン

リスボンには予定より約2時間早く入港しました。外洋からテージョ川に入り遡行しますが(4月25日橋)を潜るとすでに大型客船が2隻着岸しているのが見えます。丘に広がる市街が朝日を浴びてきれいです。
リスボンは人口約100万人の都会ですが、隆盛を極めた大航海時代の歴史的遺産を残しながら、街も人々も素朴さを失っていなく、温もりを感じさせる街です。
着岸した飛鳥IIからジャカランダの花が丘の中段に見えました。早く着いたので、オプショナルツアーまでの時間を利用して、急坂を上って撮影しました。咲き具合といい、周囲の状況といいベストに近いといえます。
この時期ジャカランダは地中海沿岸に咲きます。樹全体が花に覆われて咲く花として、桜と双璧です。各地でこういった季節の花を見られるのも、ワールドクルーズ中の楽しみのひとつです。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP