フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

「大晦日に第九を歌おう」教室

緯度:S 26度 32分

経度:W 169度 20分

天気:晴れ

気温:21.5度

速度:13.7ノット


海域:南太平洋

寄港地:終日航海日

昨晩クリスマスデッキディナーのステージにも登場した音楽教室の河野浩亮先生(声楽)、門真帆先生(ピアノ)は、それぞれに30分単位の有料個人レッスンをマリナーズクラブで行っているほか、おふたりで教える無料の教室「大晦日に第九を歌おう」も受け持っています。
きょうの筆者はその第九の教室7回中6回目に参加しました。ざっと見ても150人以上のお客様が6デッキのクラブ2100に集っていて満員御礼です。教室は発声練習と『サンタ・ルチア』、そして『サンタ・ルチア』のメロディーに『ふるさと』の歌詞をのせて歌うユニークなウォーミングアップから始まりました。
その後はメインの第九。今回は日本語の歌詞で歌うのですが、歌詞があやふやになって声が小さくなると河野先生はすかさずストップをかけ、「『自分がいちばん正しい』という気持ちで思い切って歌う心が大切です」とアドバイス。大晦日の本番に向けてどなたも一生懸命に練習なさっていたようです。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP