フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

「ドーバー城」

緯度:N 51度 7分

経度:E 1度 19分

天気:くもり

気温:14.0度

速度:0ノット


海域:北大西洋

寄港地:ドーバー

港の後ろの山にドーバー城があります。12世紀頃建てられ、その後何度も増改築を繰り返しています。第2次大戦時も、イギリス南部の防衛で大きな役割を果たしています。地下壕も張り巡らされていて、難攻不落の城だと実感させます。城郭も大きく、エジンバラ城の大きさに匹敵するでしょう。
天主もあり、ノルマン型角塔天主は最大で最後の例です。入口、踊り場に組み込まれた多数の跳ね橋は、日本の城のようで大変興味深い工夫でした。人口34000人のドーバーにこんな大きな城があったとは驚きでした。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP