フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

幸せのクルーズライフ

緯度:S 18度 57分

経度:W 153度 44分

天気:曇り

気温:27.0度

速度:13.4ノット


海域:南太平洋

寄港地:終日航海日

2度にわたる脳科学者・茂木健一郎さん(写真左下)の講演は面白かったですね。前回のお話では、週3度の運動や「予想外の新たな何かに出合う」ことが脳のアンチエイジングに役立つと教わりました。だから飛鳥IIで未知なる寄港地を訪ねたり、教室で新たな何かを学んだりは脳にもとてもいいのだと……。
そして今朝の講演では、幸せとは決してある特定の要素――たとえば莫大な富を得たり結婚して家族を持ったり――で決まるわけではないと聞きました。「自らの個性を受け入れて前向きに生き、人との絆を実感することこそが結果的に幸せに繋がる」と昨今の科学的研究で明らかになっているのだそうです。
12デッキの和室「游仙」で行われる着付け教室のお客様がとても若々しく颯爽として見えたのは、だからきっと、単に美しい着物に身を包んでいるだけでなく、この旅で得つつあるさまざまな新たな体験やお友達との出会いからくる内面の美しさも加わっているに違いありません。皆さん、とっても素敵です!

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP