フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

「アマデア ランデヴー」

緯度:N 52度 23分

経度:E 1度 55分

天気:

気温:14.0度

速度:0ノット


海域:北大西洋

寄港地:アムステルダム

飛鳥クルーズ20周年を迎える本年、その記念クルーズでもある世界一周クルーズでは2つの大きなイベントを含んでいます。一つは「アマデア(初代飛鳥)」とのランデヴーであり、もうひとつは、ストックホルムでのノーベル賞記念晩餐会会場での祝宴です。
先ず、初代飛鳥とのランデヴーは本日正午前後に実現しました。すでに着岸していた飛鳥IIの前にゆっくりと着岸してきました。後姿ですが、プールやジャグジーもそのままで、まさしく飛鳥の姿です。ファンネル(煙突)は塗り替えられていますが、これは仕方のないことです。
2006年にドイツの船会社にお嫁にいったので、約5年ぶりの再会です。飛鳥ファンがデッキに並んで、この光景を感慨深げに眺めています。午後には「アマデア キール運河クルーズ」に300人ほどのお客さんが乗り込んでいきます。
お断り) 18日-19日は筆者もアマデアに乗船するため、フォトエッセイの更新ができなくなります。ご了承ください。
20日から再開させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP