フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

南太平洋で迎えるお正月

緯度:S 19度 23分

経度:W 145度 0分

天気:晴れ

気温:27.5度

速度:13.9ノット


海域:南太平洋

寄港地:終日航海日

新年あけましておめでとうございます。飛鳥IIは南太平洋、大海原の真ん中で新たな年を迎えています。初日の出は朝5時13分。水平線にやや雲がありましたが、11デッキ前方のビスタラウンジから、左舷前方の雲間に顔を出す朝日を拝むことができました。
続いてプールサイドでは年男・年女による鏡開き。振り袖姿のクルーズスタッフやソーシャルオフィサーも華を添えていましたね。三遊亭金八師匠・金原亭龍馬師匠による獅子舞がフォーシーズン・ダイニングルーム前に登場。「噺家ゆえに通常よりもいっそう賑やかな」笑い溢れる獅子舞が元日の朝を祝福してくれました。
飛鳥II史上でも珍しい、ワールドクルーズ中のおせち料理も最高でした。「これを食べただけでも今回のクルーズに乗った甲斐があった」なんて仰る方もいるくらい。瀧総料理長以下、シェフたちが腕によりを掛けた料理は写真の通り。窓外は碧く暖かな南洋ですが、船内ではしっかりと日本のお正月を満喫しています。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP