フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

キール運河上のローカルショー

緯度:N 56度 53分

経度:E 7度 44分

天気:くもり

気温:14.5度

速度:16ノット


海域:北海

寄港地:航海中

民族音楽や踊りを披露するローカルショーのグループは、キール運河閘門の中でアマデアが停まっている間に乗船してきました。
北ドイツの素朴な歌と踊りを見せてくれます。メディアの発達でどこでもエレキとビートの効いた歌や踊りが多いなか、昔ながらの古風な歌や踊りを続けているのです。
いい曲もたくさんあり、楽しい時間です。笑顔一杯で懸命に歌う若い人達の姿がすばらしいのです。9年前となる2002年に、初代「飛鳥」でのキール運河通航中に歌った少女たちのかわいい笑顔を思い出しながら聞いていました。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP