フォトエッセイ

Cruise:2019年アジアグランドクルーズ(33)

華やかなフォーマルナイト

緯度:N 30度 25分

経度:E 131度 3分

天気:曇りのち雨

気温:16.0度

速度:18.5ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20190130-3

今日は午前中から船内では各教室の説明会が開かれ、船内はいよいよクルーズが本格的にスタートするといったムードが漂います。小雨混じりの天気も徐々に回復し、肌寒さも昨日までと比べていくぶん穏やかになった印象で、午後には屋久島の山容をはっきりととらえることもできました。そしてそれはまた、日本とのお別れの時が近づいていることを実感させる景色でもありました。

夕方16時過ぎ、まだ空が明るい時分からギャラクシーラウンジの前にはフォーマルな出で立ちのお客様が集まっていました。キャプテンズ・パーティーの開催です。堤船長との記念撮影のあとは、プロダクションショー「オペラ・ハイライト」、そして船長以下シニアオフィサーの面々が一同に介してのご挨拶と40分間のパーティーはあっという間に時が過ぎました。

パーティーのあとはフォーシーズン・ダイニングルームへ。西口総料理長おすすめの佐賀県産和牛を使用した黒毛和牛フィレ肉のポワレに舌鼓を打ち、余韻冷めやらぬなか続いて岩崎宏美さん、国府弘子さんによるスペシャルステージへと足を運びます。長い夜となりましたが、お客様はみな慣れたご様子でフォーマルナイト特有の華やかな雰囲気を楽しんでいらっしゃいました。

フォトエッセイ20190130-2

フォトエッセイ20190130-2

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のバックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP