フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

ロングクルーズならではの「教室のリレー」

緯度:S 31度 4分

経度:W 94度 35分

天気:曇り

気温:21.5度

速度:13.3ノット


海域:南太平洋

寄港地:終日航海日

100日間のロングクルーズともなると中には講師が途中交代する教室もあります。たとえば囲碁教室は3人の講師がリレー形式で教室を続けます。オークランド以降、マイケル・レドモンド先生から交替してここまでを担当してきたのが写真左下、お客様を相手に指導碁を打っている桐本和夫先生(左端)です。
午前中には初級、午後には中級の教室があります。中級教室の冒頭では、先生曰く「昨晩思いついた初の試み」として、先生VSお客様全員でひとり1手ずつ、というユニークな対局もありました。ホワイトボードに掲げた盤面に注がれる目はどなたも真剣そのもの。いつも以上に背筋がピンと伸びていたのが印象的でした。
そして晩のドレスコードはインフォーマルで、ディナーはイタリアン。ショーはお客様の間でも人気の高い石上朋美さん・今井俊輔さんによるオペラコンサートです。艶やかな夜にふさわしい圧倒的かつ豊かな声量で、本場イタリアを想わせる素敵なオペラを堪能させてくれました。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP