フォトエッセイ

Cruise:2019年アジアグランドクルーズ(16)

節分の日

緯度:N 19度 3分

経度:E 111度 14分

天気:晴れ

気温:24.5度

速度:15.9ノット


海域:南シナ海

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20190203-1

横浜を出港してから早一週間。今日は朝から青空が広がっていました。プールサイドですれ違ったお客様同士が交わす「今日は暑いですねえ」という会話もどこか嬉しそうで、東南アジアへ向かっていることを感じさせてくれました。夕日も見事なもので、辺りの空を赤く染め上げながら船首右舷側の海に沈む太陽を存分に見届けることができました。

船内ではさまざまなアクティビティーが催され、筆者の写真教室も無事初回を迎えられました。緊張した気持ちを和らげようと向かったパームコートでは、ちょうど日本茶と和菓子のティータイムが開催中。今後もさまざまなアフタヌーンティーを準備しているようですが、なかでもこの日本茶ティータイムはお客様にとても好評なのだそうです。

フォーシーズンでの夕食もまた遠く日本を感じさせてくれる気配りが。2月3日ということで、節分にちなんだ料理が提供されたのです。たたみ鰯やお多福豆、柊の葉などが皿を彩った前菜をはじめとして、いずれも目と舌で節分を楽しませてくれるものでした。そして食事の締めには恵方巻き。恵方である東北東を向きながら、実り多き旅を祈ってもぐもぐといただきました。

フォトエッセイ20190203-2

フォトエッセイ20190203-3

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のパックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP