フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

~歌声広場~懐かしのメロディー

緯度:N 69度 47分

経度:W 9度 29分

天気:くもり

気温:1.0度

速度:13.8ノット


海域:ノルウェー海

寄港地:航海中

~歌声広場~は、以前からの人気アクティビティです。200人余りのお客様がクラブ2100に集まりました。会場はダンスや気功教室などの使われる場所で、フロアを囲んでテーブルが配置されています。一堂に集まったところを撮影するのが難しいのですが、隠れている部分は想像でおぎなってご覧ください。
リードはクルーズディレクターの小川さんです。「ふるさと」「浜辺の歌」「おぼろ月夜」「早春賦」「赤とんぼ」「幸せなら手をたたこう」と歌い進めます。小川さんから作詞者、作曲者、年代そして作品が作られた経緯など説明があります。
大勢が大きな声で歌うことで、歌の内容が大きく立ち上がってきます。心の底にしまってあった原風景が蘇ってきます。心地よい感傷で、過日、村上和雄さんの講演で話のあった、遺伝子への影響に関しても大変いいのではないかと思いました。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP