フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

かくし芸大会

緯度:S 32度 13分

経度:W 88度 26分

天気:晴れ

気温:20.5度

速度:13.1ノット


海域:南太平洋

寄港地:終日航海日

東へ航行している飛鳥IIの船上では、朝日は船首の側からのぼります。薄曇りの今朝、デッキに出て前方を見渡すと、海面がきれいな銀色に輝いていました。
さて、きょう1月11日は、年明け以降こっそり練習を積み重ねてきたお客様の晴れ舞台「金ちゃんのかくし芸大賞」がある日です。特技や一芸を持つ15人のお客様が主役となってギャラクシーラウンジのステージに立つのです。まるでそれを祝福するかのような美しい海だなあと、当欄筆者は思いました。
出し物は日本舞踊や歌謡曲、三味線の唄い弾き、マジック、さらには武術、バナナの叩き売り、リメイクした着物のファッションショーなど実に多種多様。熱唱中のステージに花束を差し出す方もいて、笑いと拍手、そして温かな声援に満ちた一幕でした。こんなアットホームな催しもまた、心安らぐものですね。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP