フォトエッセイ

Cruise:2019年アジアグランドクルーズ(33)

シンガポールの夜

緯度:N 1度 16分

経度:E 103度 49分

天気:晴れ

気温:28.5度

速度:10.5ノット


海域:-

寄港地:シンガポール

フォトエッセイ20190213-1

夕方17時、飛鳥IIは頭上をシンガポール本土とセントーサ島を結ぶケーブルカーが通過する、ユニークな岸壁に着岸しました。入港風景をひと目見ようとオープンデッキにはお客様がずらり。垢抜けたモダンなビル群をしみじみ眺めながら、「数十年ぶりに来たけど、本当に変わったねえ」と当時との隔世の感を語るお客様もいらっしゃいました。

夕食を軽く済ませたら、さっそくナイトツアーへ。美しく暮れていくシンガポールのビル景を車窓に眺めながらガーデンズ・バイ・ザ・ベイへと向かいました。ドーム型の植物園を見学し、いよいよハイライトのスーパーツリーグローブのライトアップショーがスタート。それは巨大なアート作品を見ているような、期待値をさらに超える素晴らしいショーでした。

寄港地の夜を堪能できるのは、オーバーナイトステイならではの楽しみです。特にシンガポールは公共交通機関も発達しているので、夜間の足も心配無用。筆者はツアー終了後に街に繰り出し、大勢の多国籍な観光客にまぎれてベイフロント周辺の近未来的な夜景を堪能しました。先日のレムチャバンや香港ともまた異なる、もうひとつのアジアの顔がそこにはありました。

フォトエッセイ20190213-2

フォトエッセイ20190213-3

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のバックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP