フォトエッセイ

Cruise:2019年アジアグランドクルーズ(33)

アジアンデッキディナー

緯度:N 1度 25分

経度:E 106度 47分

天気:晴れ

気温:28.4度

速度:17.5ノット


海域:南シナ海

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20190216-1

3日連続となった寄港地滞在を終えて落ち着きを取り戻した船内では、ゆったり耳を傾けて楽しめるイベントが平穏な午後のひとときに寄り添いました。昨夜演奏したアルパデュオ・志賀昭浩さんと神山理映子さんによる軽妙なトークショーや、ナンタケットバスケット作家の八代江津子さんの講演に足を運ばれたお客様も多かったのではないでしょうか?

そんな船内がにわかに活気を帯びたのがまだ強い日差しの残る夕刻時、今航の船内イベントの目玉のひとつであるアジアンデッキディナーです。開場30分前のプールサイド入口では待ち切れないといった様子ですでに大勢のお客様がお待ちで、オープンとともにあっという間に会場は人で溢れ返りました。

落合務シェフ監修の特別メニューが振る舞われたほか、巨大なジャックフルーツの重量当てクイズ、コーラス教室の後藤先生と谷坂先生によるオペラ歌唱、マレーシア民族舞踊グループによる演舞など催しも盛りだくさん。刻々と変化する空の色に合わせるように次々とバラエティに富んだイベントが繰り広げられ、熱狂のままにデッキディナーは幕を閉じました。

フォトエッセイ20190216-2

フォトエッセイ20190216-3

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のバックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP