フォトエッセイ

Cruise:2019年アジアグランドクルーズ(33)

ASUKAプールサイドバー

緯度:N 22度 7分

経度:E 121度 9分

天気:曇り

気温:24.2度

速度:12.4ノット


海域:南シナ海

寄港地:終日航海日

フォトエッセイ20190224-1

クルーズ終盤ともなると、がぜん活気だってくるのが音楽やダンスの教室です。明後日26日の発表会に向け練習もいよいよ大詰め。筆者はウクレレ教室とコーラス教室に顔を出しましたが、教室担当講師もいつも以上に熱の入った様子で本番を想定した最終調整に余念なし。しっかりと準備を整えて、本番では思いっきり楽しんでいただきたいものです。

昼食時にはプールサイドで「ASUKAプールサイドバー」が特別オープン。こちらはチケット購入でカクテルコンペティション優勝カクテルの「SKY&SEA」、アジア各地のビールなどが飲み放題となるお酒好きには堪らないイベントでした。その足でリドカフェに立ち寄ると、こちらも負けじと大きなジャックフルーツを展示し、新鮮なフルーツを振る舞っていました。

今航最後のインフォーマルナイトらしく、ギャラクシーラウンジのプロダクションショーもいっそう見応えある内容に。「シネマ」と題し、『雨に唄えば』『マンマ・ミーア』など名曲の流れる名画のワンシーンをステージ上で再現。終了後には出口でキャストらが見送りに並び立ち、滅多にない機会とばかりにお客様が列をなして即席の記念撮影タイムとなりました。

フォトエッセイ20190224-2

フォトエッセイ20190224-3

著者紹介

永島 岳志

1980年、埼玉県生まれ。システム開発会社勤務後、アジア放浪を経て写真雑誌の編集者へ転身。「旅写真」「デジタル写真生活」の編集に携わる。その後、アジア~ヨーロッパ~アフリカ大陸のバックパッカー周遊、北米大陸自転車横断を経て帰国。現在はフリーランスとして旅や写真、カフェ雑誌などの分野を中心に活動中。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP