フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

密かな人気のカジュアルトーク

緯度:S 3度 34分

経度:W 37度 28分

天気:晴れ

気温:29.5度

速度:19.1ノット


海域:大西洋

寄港地:終日航海日

乗船客のみぞ知る飛鳥IIのヒミツ。そんな魅力は多々ありますが、もしもロングクルーズの後半あたりの夜に6デッキ「クラブ・スターズ」で密やかに催されるカジュアルトークを挙げる方がいたならば、相当に飛鳥ツウなお客様だと言えるでしょう。
で、今夜、今航67日目にしてついにそのカジュアルトーク「今夜はモグラナイト」が開催されました(写真上)。普段はほとんどお客様の前に出ることのない通称“モグラ乗組員”を招いて話を聞くこの企画、記念すべき第一回目のゲストは物資の補給を一手に担うプロビジョンマスター・岩下善司さんです。
巨大な冷蔵庫9室・冷凍庫5室の計14室と、消耗品やユニフォームの倉庫は2デッキに。節分の豆は「どうしても日本文化を大切にしたい」という思いで急遽日本から空輸。そんな話に加えて、本来ナイショの裏事情までぽろっと話してしまったり……。期待に違わぬ爆笑トークショー、非番のクルーもこっそり覗きに来るほどの面白さでした。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP