フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

バレンタイン ディスコ

緯度:S 0度 24分

経度:W 43度 48分

天気:晴れ

気温:29.0度

速度:18.7ノット


海域:大西洋

寄港地:終日航海日

今朝9時20分頃に飛鳥IIは赤道を越え、12月16日以来およそ2か月ぶりの北半球に戻ってきました。暦を見るときょうはバレンタインデーですね。船上でもそれにちなんだイベントがちゃんと用意されていました。晩にクラブ2100で「バレンタイン・ディスコタイム」が開催されると船内新聞に載っています。
午後には練習時間も設けられ、クルーズスタッフたちを先生に4曲の振り付けを教わりました。曲はいずれも70年代以降、最近までのバレンタインにまつわる歌謡曲。ふだんのダンスに比べてもテンポの速さはかなりのもの。思わず「息切れしそう」と笑いながらも、皆さん無理せず楽しく覚えられたようです。
そして夜9時40分からの本番はご覧の通りのポップな雰囲気。練習時プラス2曲の合計6曲をエネルギッシュに踊りきりました。男性のお客様はディナーの前にクルーズスタッフの女性たちからチョコレートを受け取ったりもしましたし、どなたにとってもバレンタインデーらしい一日になったことと思います。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP