フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

快晴の船上オリンピック

緯度:N 9度 33分

経度:W 58度 30分

天気:晴れ

気温:29.5度

速度:13.0ノット


海域:大西洋

寄港地:終日航海日

きょうも各種教室や講演が船内新聞『アスカデイリー』のスケジュールを埋めていますが、そんな中でも特に印象的な催しは「飛鳥II 船上オリンピック」でした。お客様がチームごとに分かれて競う運動会で、午前中は船内各所でミニゲーム、午後はプールサイドで賑やかに対抗戦です。
真っ青な空の下、皆で大玉送りや玉入れなどを楽しみました。他にも、いまはレセプションやショップなど他の部署で働くけれども「もともと茶目っ気たっぷりのクルーズスタッフだった」というクルーたちを交えてのスタッフ競走(写真上)などもあり、オリンピックは大盛り上がり。
それにしても暑かったですね。そして汗をかいたあとの冷たい麦茶の美味しかったこと。せっかく広い飛鳥IIのプールサイドですから、時にはこんなイベントも楽しいものだと思います。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP