フォトエッセイ

Cruise:2019年ハワイ・アラスカ グランドクルーズ(40)

片岡 護シェフのイタリアンスペシャルディナー

緯度:N 42度 23分

経度:W 134度 03分

天気:晴れ

気温:18.0度

速度:17.6ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

190620-1

午前中はゆっくりジムで体を起こしました。インストラクターの方が在室しているのでいろいろなアドバイスを受けることが出来ます。午後のハリウッドシアターでは日本で開催される、ラクビーW杯に備えてラクビーのルール、見どころを数回に分けて解説する教室が開かれました。教えてくれるのは元日本代表ではなく、代表のユニフォームを着たクルーズディレクター小川さんです。実際の試合の映像を見ながら、所々一時停止をして小川さんがプレーや戦術の解説をしてくれ、とても分かりやすいんです。参加された皆さんもすっかりラクビーフリークになられて、各プレーで歓声が上がりました。予備知識も得たので9月が待ち遠しいです。

今夕はインフォーマルです、ゲストシェフの片岡護氏のイタリアンスペシャルディナーです。11デッキのアペリティフタイムには、ドリンクをいただきながら、ナマナの演奏でダンスタイムです。シニアオフィサーの姿も見られます。アスカプラザでは記念撮影の合間にプロダクションキャストによるサプライズショーがあり素敵な夜の始まりを盛り上げてくれます。そしていよいよドアオープンです。お料理が始まる前に片岡シェフから各お皿の説明がありました。前菜のアボカドのタルタルの濃厚さ、冷製パスタののど越しの良さ、和牛ロースの柔らかさ、デザートを含め、7皿どのお料理もとてもおいしかったです。食後には今夜のエンターテイメント、カルテットヴォカーレのオペラコンサートもあり、とても贅沢な気分を味わった夜でした。

190620-2

190620-3

著者紹介

朝比奈 雄太

1971年生まれ。静岡県出身。
高校卒業後、東京綜合写真専門学校に入学。 在学中より、フリーカメラマン藤尾真琴に師事。 1994年よりフリーランスのカメラマンとして独立。
出版社マガジンハウスより業務委託をうけ、雑誌写真を中心に活動範囲を広げている。
撮影対象は人物、料理、旅行取材等、多岐にわたる。


伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP