フォトエッセイ

Cruise:2019年ハワイ・アラスカ グランドクルーズ(40)

クジラ狂騒曲

緯度:N 51度 44分

経度:W 127度 55分

天気:曇り

気温:13.5度

速度:14.4ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

190624-1

昨日、バンクーバーを出港しインサイドパッセージと呼ばれる、フィヨルドの海を航海しています。両舷に広がる氷河で削られた複雑な地形をかなり間近で見ることが出来ます。どの地形も木々で覆われていて、どこまでもこの風景が続くかのようです。いくつかの島には集落や町が見えます。その一つのコモラント島には、いたるところにトーテムポールが立っています。トーテムポールにはそれぞれ意味やストーリーがあって彫られているそうです。

午前中、動物写真家の岩合光昭さんの講演がありました。会場のギャラクシーラウンジは満席です。今回は「北太平洋に暮らすザトウクジラ」というテーマでした。岩合さんが今まで撮影で体験されたことや、ご自身の自然への思いなどを話されていました。次回もすごく楽しみです。

インサイドパッセージを航行中はブリッジからの船内放送が何度も流れます。「本船左舷側、遠くにラッコがいます。」「本船右舷前方、クジラが見えます。」そのたびに双眼鏡、望遠レンズを付けたカメラを持った人々が、右に左に集まります。見える、見えないで一喜一憂です。これから北上するにつれ、もっと見る機会が増える事でしょう。

今夕のエンターテイメントは西村由紀江さんのピアノコンサートでした。穏やかな海に揺られながら、優しく奏でられるメロディーがどこまでも心地いいものでした。

190624-2

190624-3

著者紹介

朝比奈 雄太

1971年生まれ。静岡県出身。
高校卒業後、東京綜合写真専門学校に入学。 在学中より、フリーカメラマン藤尾真琴に師事。 1994年よりフリーランスのカメラマンとして独立。
出版社マガジンハウスより業務委託をうけ、雑誌写真を中心に活動範囲を広げている。
撮影対象は人物、料理、旅行取材等、多岐にわたる。


伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP