フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

「パナマ運河通峡2」

緯度:N 9度 2分

経度:W 79度 39分

天気:くもり

気温:28.5度

速度:0ノット


海域:パナマ運河

寄港地:航海中

写真は、最上部まで上がった飛鳥IIが、ガツン湖へ進み始めたときの後方の景観です。後方から貨物船が来ていますが、その前の黒いスペースが第2チェンバーです。望遠レンズで撮影したので、圧縮効果で小さく見えますが、300mもあります。第1チェンバーの貨物船の後方にも貨物船が見えます。
ガツン湖で時間調整のため、1時間半ほど停船した後、先へ進みます。次々に貨物船が通過していきます。熱帯植物に囲まれたガツン湖は、年間1万5000隻の船がここを通過する世界貿易の要衝の地です。
下りの3つの閘門にまた、たくさんの見所がありました。レーンが2本あるのですが、隣のレーンを大きな貨物船が頭の上を通る感じで、走っていきます。補修中のチェンバーがあり、水のない深い底まで覗き見ることも出来ました。
予定より早くパナマ運河を無事通峡して、飛鳥IIは太平洋に出ました。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP