フォトエッセイ

Cruise:2019年ハワイ・アラスカ グランドクルーズ(40)

ジュノー入港

緯度:N 58度 18分

経度:W 134度 24分

天気:晴れ

気温:26.0度

速度:11.8ノット


海域:-

寄港地:ジュノー

190628-1

2日間のフィヨルド航海を楽しみ、今朝ジュノーに入港しました。朝から天候に恵まれて青空が広がります。接岸した港の目の前にロバーツ山トラムウェイ乗り場があったので、乗りに行ってみました。

9時前だったのでゴンドラは一人貸し切りです。係の方が話しかけてくれますが、こんな時もう少しでいいから、英会話が出来れば・・・と思ってしまいます。頂上から見る景色は雲のない青空で、とても雨の多い地方とは思えません。港を見降ろすと飛鳥Ⅱとディズニークルーズの船が見えます。

トラムの後は「氷河上陸ヘリコプターと犬ぞり体験」のツアーに同行です。ヘリコプターで緑の山を越えると、眼下に広大なメンデンホール氷河が広がります。しばらく上空から氷河を鑑賞します。氷河の形や色、崩れ落ちた後の岩肌、その周りを囲むような針葉樹の森、スケールの大きさに感動です。ヘリコプターは大きな雪原に着陸し、次は犬ぞり体験です。犬ぞりは思いのほかスピード感があって雪原の凸凹も身体に伝わってきます。ガイドの方の掛け声に従って、犬と共に雪原を疾走しました。

午後からは街を散策しました。あまり時間がなかったのですが、ブックストアやリカーショップを覗いたり、州立博物館へ行ったりしました。明日はアラスカ最後の寄港地、スキャグウェイです。

190628-2

190628-2

著者紹介

朝比奈 雄太

1971年生まれ。静岡県出身。
高校卒業後、東京綜合写真専門学校に入学。 在学中より、フリーカメラマン藤尾真琴に師事。 1994年よりフリーランスのカメラマンとして独立。
出版社マガジンハウスより業務委託をうけ、雑誌写真を中心に活動範囲を広げている。
撮影対象は人物、料理、旅行取材等、多岐にわたる。


伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP