フォトエッセイ

Cruise:2019年ハワイ・アラスカ グランドクルーズ(40)

ペトロパブロフスクカムチャッキー

緯度:N 53度 01分

経度:E 158度 39分

天気:

気温:10.0度

速度:12.4ノット


海域:太平洋

寄港地:ペトロパブロフスクカムチャッキー

190708-1

今朝、予定より1時間ほど遅れて、無事に最後の寄港地ペトロパブロフスクカムチャッキーに入港しました。あいにくずっと細かい雨が降っています。今日はクルーズ特典の半日観光に参加しました。最初に訪れた博物館はカムチャッカ半島の自然や動物、先住民の生活の様子などが展示してあり、小さい建物ですが見ごたえがあります。次に訪れたのはロシア正教会。2010年に建立されたもので金色の玉ねぎ型のドームが見えます。中に入ると、ちょうどその部分を中心に見事な天井画が描かれています。最後にレーニン広場などを巡りました。

今夕のエンターテイメントは福居一大BANDのコンサートでした。津軽三味線、尺八、ピアノ、そしてパーカッションの編成です。日本伝統の民謡だけでなく、オリジナル曲をはじめジャズ、ポップスなど幅広いジャンルを披露してくれます。それぞれが素晴らしい演奏技術をお持ちなので聞き入ってしまいました。

今クルーズの最後のボンボヤージは、悪天候のためパームコートでの開催となりました。出航に華を添えるようにYura&Maximの仲間たちがロシア民謡やロシア舞踏で盛り上げてくれました。そして最後にロシア舞踏クラスによる発表会もありました。そして飛鳥Ⅱはいよいよ横浜へ向います。

190708-2

190708-3

著者紹介

朝比奈 雄太

1971年生まれ。静岡県出身。
高校卒業後、東京綜合写真専門学校に入学。 在学中より、フリーカメラマン藤尾真琴に師事。 1994年よりフリーランスのカメラマンとして独立。
出版社マガジンハウスより業務委託をうけ、雑誌写真を中心に活動範囲を広げている。
撮影対象は人物、料理、旅行取材等、多岐にわたる。


伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)PAGE TOP