フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

飛鳥II、10周年のデッキディナー

緯度:N 11度 29分

経度:W 89度 43分

天気:晴れ

気温:28.0度

速度:18.6ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

きょう2月26日は飛鳥II就航10周年の記念日です。「初代飛鳥の和の心を受け継いで、より大きなスケールで」という想いを抱いて船出した飛鳥IIはたくさんのお客様に支えられ、日本はもとより世界の海へと航海を続けてきました。そして今この瞬間もメキシコ沖の太平洋を順調に、楽しくクルーズしています。
さて、当欄筆者は午前中、倉橋潤子先生・倉橋智太郎先生のおふたりによる「メタルビーズ教室」を覗いてみました。およそ1世紀前にフランスで生まれ、日本で蘇ったという気品あるビーズで作るアクセサリー。キラキラ輝く華やかなブローチなどが1時間ほどで作れるとあって、皆さんとても満足されているようでした。
そして今宵はデッキディナー。就航10周年を祝ってプールサイドにはケーキを模したオブジェも登場。メキシコを代表するテノール歌手マウロ・カルデロンさんらによる歌、皆で踊るダンスなど、飛鳥IIの魅力が詰まった記念日のデッキディナーは太平洋に沈む夕日にも祝福されているようでした。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP