フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

「キラウエア火山」

緯度:N 19度 44分

経度:W 155度 3分

天気:晴れ

気温:27.4度

速度:0ノット


海域:北太平洋

寄港地:ヒロ

早朝、ハワイ島が見えてきました。ハワイ諸島の中で、もっとも大きな島であるハワイ島には、キラウエア火山やマウナ・ケアという4000mを超える山があります。頂上近くに雲もたなびいていますが、山頂ははっきりと見えました。
キラウエア火山火口にはバスで1時間ほど上ります。バスを降りたところが火口です。火口は直径10数キロという大きなものです。
その中に噴火口がいくつかあり、溶岩を流出している火口や、写真のように噴煙を上げている火口もあるのです。巨大な火口から噴煙が大きく噴きあがる光景は自然の大きな力を実感します。
自然の力を感じながら生活するこの島ですが、日本人移民が開拓、発展させた島でもあります。現在は4世5世の時代で、段々現地の生活様式に馴染んでいっている様ですが、盆踊りなど日本人の習慣は残っているそうです。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP