フォトエッセイ

Cruise:南極・南米ワールドクルーズ2015-2016(100)

終日航海日

緯度:N 29度 53分

経度:E 161度 53分

天気:晴れ

気温:21.0度

速度:18.3ノット


海域:太平洋

寄港地:終日航海日

お天気は回復し、曇りがちながら時々、雲の隙間から日が射しています。午後には青空も期待できるでしょう。風はまた後ろに回り、横浜へと船を押してくれています。
横浜までは今日を入れても終日航海日は後3日。テレビの10チャンネルでは横浜港での入国手続き、通関手続き、検疫などの手順や、ご自宅への宅急便手配のご案内が繰り返し流されています。心は既に日本に飛んでおれれる方、ここらでシ―・ジャックしてUターンしたいと話される方など、お客様の心模様は様々です。
13時からクラブ2100では横浜入港時に飾る、お出迎えの方々への感謝のメッセージの横断幕の作成です。今日が5回目、明日6回目が最後の仕上げとなり完成します。完成写真を出そうかと思いましたが、当日のお楽しみ。ご覧になりたい方は、どうぞ大桟橋にお出迎えにいらして下さい。
14時からシアターでチャリティーオークション。ご乗船頂いたエンターテイナ―や講師の方々にご協力頂いた品々を、お客様に競って頂きました。良い買い物をした方が大勢のようです。売上は難民救済支援の国連UNHCR協会へ寄付させて頂きます。
午後の呼び物はモンテカルロでの「お楽しみ大抽選会 ぐるぐるドン」。特別ゲストの回し役は桑畑機関長です。お客様の運は全て機関長の手に。ビックシックスの針がどこで止まるかで、一喜一憂です。
今夜のショータイムはソプラノシンガー柴田智子さんとピアニスト内門卓也さんの2回目のコンサート。お客様と合唱になった東日本大震災応援歌「花は咲く」が心に沁みました。

著者紹介

幡野 保裕

飛鳥クルーズ第5代船長。1944年生まれ。1995年6月から2003年3月まで、初代・飛鳥の船長を務める。その間、61カ国を含む国内外225港に入港、4回の世界一周クルーズを飛鳥の船長として指揮した。その後、郵船クルーズ専務に就任。2010年4月から顧問。2011年3月郵船クルーズ退任。現在は飛鳥クルーズのリピータークラブである“アスカクラブ”の会長を務める。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP