フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

「2011ワールドクルーズ クルーショー」

緯度:N 28度 4分

経度:E 161度 32分

天気:晴れ

気温:29度

速度:17.7ノット


海域:北太平洋

寄港地:航海中

クルーズ終盤の呼び物はクルーショーです。忙しい中、時間を見つけて練習を積み重ねてきたのです。
1今年の新人のダンス
2ウエイター10人のダンス
3クルーズスタッフのダンス
4ホテル部門男子のダンス
5ハウスキーピングスタッフのバラエティショー
6オフィサーのダンス 6組の出演です。
進行役の小川クルーズディレクターと梶原アシスタントクルーズディレクターの掛け合い漫才が楽しさを増幅させます。船長のダンスも格好よく決まっていました。応援が一段と盛り上がるのはなんといっても、ハウスキーピングスタッフの登場のときです。
100日間部屋の掃除をしてくれたスタッフの出演ですから、みなさんも力が入ります。最後は出演者全員舞台に上がり、その中心で浅井船長のお礼のご挨拶です。こうして飛鳥IIの船内の雰囲気が、いっそう温かいものになってゆくのでしょう。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP