フォトエッセイ

Cruise:2011年世界一周クルーズ(217)

「横浜帰航」

緯度:N 35度 27分

経度:E 139度 39分

天気:晴れ

気温:31度

速度:0ノット


海域:北大西洋

寄港地:横浜

2011年世界一周クルーズもいよいよ横浜に帰ってきました。
「飛鳥IIが今回のクルーズで航走した距離は66,000kmあまりで、地球1.7周分に相当します。今回は地球の南の果ての喜望峰から、ヨーロッパ北の果てのノールカップまで行ったので、従来の飛鳥・飛鳥IIでの世界一周航路での距離を大きく上回っている」と、浅井船長が船内放送で話していました。
それだけ多くのことを見聞できたわけです。初代飛鳥(現アマデア)とも再会できましたし、ストックホルムでの就航20周年記念晩餐会とメモリアルなこともありました。各国の文化、景色、そして自然の雄大さも実感しました。沈まぬ太陽や、グリーンフラッシュもエキサイティングでした。
横浜港のみなとみらいの景観を見ると、懐かしさとともに安堵する気分が湧きあがってきます。ベイブリッジの向こうには、運航会社の郵船クルーズ本社の入るランドマークタワーも見えます。本社からも飛鳥IIの帰港風景を見ていることでしょう。
長い間、このフォトエッセイをご覧いただきまして、ありがとうございました。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP