フォトエッセイ

Cruise:2013年オセアニアグランドクルーズ(92)

航路図テレビ

緯度:S 18度 47分

経度:E 162度 8分

天気:晴れ

気温:29.0度

速度:16.8ノット


海域:南太平洋

寄港地:航海中

客室のテレビでは24時間、写真のような航路図を見ることができます。シドニーから東南に走り、日本との時差は4時間になりましたが現在は時差2時間のところまで戻りました。緯度も南緯14度とだいぶ赤道に近づき気温が上がってきています。
画面上限の切れたところが、クルーズの最初の方で寄港したラバウルですが、その周辺の狭い水路を通ってパラオに向かいます。オセアニアクルーズも終盤に差し掛かっています。
(画面は船内時間 3月1日6時ころの画面です)

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP