フォトエッセイ

Cruise:2012年アジアグランドクルーズ(59)

「ジャン・シャオチン コンサート」

緯度:N 22度 55分

経度:E 117度 2分

天気:くもり

気温:13度

速度:9.4ノット


海域:南シナ海

寄港地:航海中

明日の香港入港を前に、古箏奏者ジャン・シャオチンさんのコンサートが行われました。
ジャンさんは二胡奏者のお母さまの影響で、幼少の頃から古箏の英才教育を受けられ、8歳の頃から多数の著名な古箏奏者に師事してきました。その演奏活動は幅広く、90年代の某有名な烏龍茶のCMの訳詞、歌も担当されました。
古箏は日本のお琴とは違い、太さの違う弦が21本あり、爪はべっ甲製のものを4本付けます。その音色は優雅で優しく、まさしく琴線に触れるような音楽が会場に広がります。
コンサートでは皆さんになじみのある、日本の童謡やジャンさんのオリジナル曲等が披露されました。曲と曲の間には、とても流暢な日本語で曲の説明や思い入れを話してくれます。また美しい容姿から想像出来ませんが、ダジャレも飛び出します。
とても素敵な音色の流れるコンサートはあっという間に時間が経って、終わりの時間を迎えます。名残惜しい気持ちになりますが、5月に東京でリサイタルがあるそうです。気なった方はジャンさんのホームページを見てみて下さいね。

著者紹介

朝比奈 雄太

1971年生まれ。静岡県出身。
高校卒業後、東京綜合写真専門学校に入学。 在学中より、フリーカメラマン藤尾真琴に師事。 1994年よりフリーランスのカメラマンとして独立。
出版社マガジンハウスより業務委託をうけ、雑誌写真を中心に活動範囲を広げている

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP