フォトエッセイ

Cruise:2014年世界一周クルーズ(112)

コモド島へ

緯度:S 8度 41分

経度:E 123度 21分

天気:晴れ

気温:30.0度

速度:14.3ノット


海域:インド洋

寄港地:終日航海日

群島国家インドネシアの島々を縫うようにコモド島へと向かう飛鳥II。今朝になって進路を南から西へと変えて、小スワンダ列島を右手に見ながらティモール島との間を進んでいます。7デッキでは船尾側からの素晴らしい朝日が、早朝ウォーキングを楽しむ皆さんを染め上げていました。
船上の楽しみでエンターテイメントや各種教室と並んで注目されるのが、専門家を招いての講演です。
コモド島寄港を明日に控えた大津伸子さんの講演「ようこそ世界遺産のコモド国立公園へ」は何と満員御礼。「コモドドラゴン」の名で知られるコモドオオトカゲの生態やコモド島の気候、植生、見学のポイントなどを多彩な写真で解説してくださいました。
飛鳥II初寄港のコモド島、皆さん事前学習はばっちりのようですね。明日の上陸が楽しみです。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP