フォトエッセイ

Cruise:2012年アジアグランドクルーズ(59)

「ギャレー見学」

緯度:N 10度 3分

経度:E 102度 23分

天気:晴れ

気温:29度

速度:14.4ノット


海域:南シナ海

寄港地:航海中

クルーズ中、毎日おいしい食事をいただいていますが、600人以上の食事を一体、どのように作っているのでしょう?興味がありませんか?そんな訳でギャレー(厨房)ツアーがあったので早速潜入です。
最初に西口雅浩総料理長から、簡単にギャレーの説明と各セクションのシェフの紹介です。そのあと、グループごとに分かれて見学です。今日は130名以上の方が集まりました。みなさんの注目度の高さがうかがえます。
厨房内は清潔に保たれ、エリアごとに分割されていて動線が考えられています。そして裸火が厳禁であるため、電気調理器とスチームを使って調理しています。
ちなみに600人分の1日に必要な食材は、お米140㎏、卵1800個、肉類240㎏と、普段聞かないような数字です。その材料を総勢78名のスタッフで調理してくれています。
これからも毎日ありがたくいただきます。

著者紹介

朝比奈 雄太

1971年生まれ。静岡県出身。
高校卒業後、東京綜合写真専門学校に入学。 在学中より、フリーカメラマン藤尾真琴に師事。 1994年よりフリーランスのカメラマンとして独立。
出版社マガジンハウスより業務委託をうけ、雑誌写真を中心に活動範囲を広げている

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP