フォトエッセイ

Cruise:2014年世界一周クルーズ(112)

アフリカ大陸へ向けて航行中

緯度:S 28度 38分

経度:E 110度 10分

天気:曇り

気温:23.0度

速度:17.9ノット


海域:インド洋

寄港地:終日航海日

フリーマントルを出た後、深夜に二度目の船内時刻改正があり、就寝前に腕時計を1時間遅らせました。日本との時差は2時間になりました。船が西へ向かう度に、こうして少しずつ時刻改正をしています。
そんな日は一日が1時間だけ長くなるので得した気分。過ごす時間が一層ゆったりと感じられます。(世界一周が西回りなのは、逆だと一日が毎度1時間ずつ短くなって辛いからだってご存知でしたか?)
晩にはアコーディオン奏者のロス・マイオさんのコンサートがありました。その指さばきからくるダイナミックな演奏だけでなく、仕草や表情もユーモアたっぷり。年齢と人生経験を重ねてこその滲む魅力でしょう。閉幕後に思わず隣席のお客様と「カッコイイですよねえ」なんて話してしまいました。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP