フォトエッセイ

Cruise:2014年世界一周クルーズ(112)

ゲストシェフのイタリアン

緯度:S 20度 22分

経度:E 61度 47分

天気:曇り

気温:31.0度

速度:15.5ノット


海域:インド洋

寄港地:終日航海日

今晩は片岡護&宏之シェフの親子共演によるイタリアンディナー。
慌ただしい準備の合間にお願いしたポートレイト撮影は左に護シェフ、右に宏之シェフ、中央に飛鳥IIの西口雅浩総料理長という豪華な顔ぶれです。
ディナーは過日の料理教室でも触れた「かぼちゃのムースバルサミコソースゴマのチュイル添え」に始まって、「あわびのリゾット肝ソース」「キノコのラグーソースポルチーニ茸のスパゲティー」、そしてアマダイのうろこ焼きや仔牛肉のサルティンボッカなどと続きました。
お客様を気遣ったメニューはどれも軽めなのにコクがあって、実に美味しかったですね。護シェフは「全部がおすすめ。全部を食べた上で自分が何が好きか決めればいいんです」と仰っていましたが、どれって、ホントどれも美味しくって一つになんか決められないですよ(笑)。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP