フォトエッセイ

Cruise:2014年世界一周クルーズ(112)

オリエント急行とロンドン

緯度:N 50度 54分

経度:W 1度 24分

天気:曇り

気温:13.0度

速度:0ノット


海域:北大西洋

寄港地:サザンプトン

飛鳥IIはイギリス海峡を渡ってイギリスのサザンプトンに着きました。参加した上陸観光は、今回の世界一周クルーズ中でも特に注目のオリエント急行「ノーザン・ベル号」でロンドンへ行くプラン。編成中の全客車が食堂車の豪華列車でロンドンまで片道3時間半の旅路です。
サザンプトン中央駅から発車したこの列車、実は本来この駅には来ないとか。何と飛鳥IIのスタッフがおよそ2年も前から下見や交渉を重ねて、港からのアクセスもいい特別列車を仕立てたのだそうです。
ランチも美味しかったですね。メインはスコットランドサーモンか豚ヒレのサルティンボッカ、お好きな方が選べました。ロンドン着後は4コースに分かれての観光です。筆者はバッキンガム宮殿で真っ赤な服にふさふさ帽子の衛兵を見たり、ビッグベン、ウェストミンスター寺院をバスの車窓から眺めたりして楽しみました。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP