フォトエッセイ

Cruise:2012年世界一周クルーズ(166)

「パナマ運河通峡②」

緯度:N 9度 7分

経度:W 79度 43分

天気:くもり

気温:31.0度

速度:0ノット


海域:パナマ運河

寄港地:航海中

カリブ海側からの最初の閘門が“ガトゥン閘門”。ここで3回にわけ、それぞれ船の前後の門を閉じては、段階的に水位を上げ、最終的に先にあるガトゥン湖と同じ水位にしていきます。
数メートルの水位を上げ、ガトゥン閘門の一つ目の門が開いて、二つ目の門へと進みました。写真右に写る貨物船に続くように飛鳥Ⅱは先へと進んでおります。

著者紹介

篠本 秀人

1957年生まれ。88年から98年まではマイアミをベースに、主にカリブ海のダイビングスポットのレポートを日本の雑誌に紹介。
客船の撮影コーディネートの仕事をきっかけにクルーズの世界へ入り、20年以上にわたってクルーズ専門誌へ記事や写真を掲載するかたわら個展も多数開催している。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP