フォトエッセイ

Cruise:2014年世界一周クルーズ(112)

勇敢な人々

緯度:N 16度 51分

経度:W 99度 54分

天気:曇り

気温:31.0度

速度:13.9ノット


海域:北太平洋

寄港地:アカプルコ

飛鳥IIはメキシコのアカプルコに入港しました。古くはスペインが東アジアへの足がかりとして占領し、フィリピンへのガレオン船の中継地点として栄えたところです。また1613年(慶長19年)にはローマへ向かった伊達藩士・支倉常長もここを訪れたのだそうです。
アカプルコの浜辺に帯刀した常長像が佇み、その脇でメキシコ美女が微笑むのはどこか不思議な光景ですが、ともあれ400年も前に小さな帆船で大海を渡った先人はさぞ勇気が必要だったろうと思います。
ちなみに当地の観光の目玉は屈強な男たちが懸崖から海に飛び込む「死のダイビングショー」。もともと漁師たちの度胸試しだったそうです。常長にせよ漁師にせよ、昔から海と度胸は切っても切れないものなのでしょう。当たり前のことながら、今回のワールドクルーズが度胸不要の船旅で本当によかったと思います。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP