フォトエッセイ

Cruise:2014年世界一周クルーズ(112)

乗組員の避難訓練

緯度:N 35度 49分

経度:W 127度 45分

天気:晴れ

気温:17.5度

速度:17.0ノット


海域:北太平洋

寄港地:終日航海日

昨夕、飛鳥IIはサンフランシスコを出港しました。かつてのアメリカ人にとっての「憧れのハワイ航路」をなぞるようにホノルルへ向けて航行しています。太平洋を渡る長旅の初日とはいえ皆さん慣れたものなのでしょう、船内には特段の気負いもなく穏やかな時間が過ぎています。
そんな普段通りの飛鳥IIですが、船内新聞のスケジュール欄には朝10時から11時に「乗組員の避難訓練」という太い帯。訓練は定期的にありますし船客が何かを我慢することもないために、今回もほぼすべてのお客さんが気にも留めていなかったように思います。
でも改めて見ると興味深いですね。防火扉に配置についたフィリピン人クルー曰く「3デッキから9デッキまで歩いて上ってきた」そうですよ。優雅な船旅は、彼らのたゆまぬ訓練にも支えられているのでしょう。

著者紹介

高橋 敦史

旅行媒体を主とするフリーランスの編集ディレクター・紀行作家・フォトグラファー。国内温泉旅行から海外のバックパッカー旅行、リゾート、豪華客船などまで経験豊富。写真雑誌『デジタル写真生活』元編集長であり、同誌ではディレクションから撮影・執筆も担当、平易な解説で支持を得る。現在では機内誌や旅行雑誌での海外ルポや編集長業を中心に活動し、温泉宿や旅先写真術、エッセイなどの連載も。また、クルーズ写真家として雑誌『Cruise Traveller』『クルーズ』などへ寄稿、ナショナルジオグラフィック単行本『世界の船旅』に写真提供。2014年ワールドクルーズより飛鳥IIの写真教室講師を務め、以後毎年ロングクルーズに乗船している。
上智大学文学部新聞学科卒、1972 年東京都生まれ。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP