フォトエッセイ

Cruise:2012年世界一周クルーズ(166)

「カレッジフィヨルド③」

緯度:N 61度 16分

経度:W 147度 43分

天気:くもり

気温:9.0度

速度:0ノット


海域:北太平洋

寄港地:航海中

“カレッジフィヨルド”は、調査隊の出身校名が付けられた氷河が集まるフィヨルドであることから、そう呼ばれております。
“バーナード”、“ブリンマー”、“スミス”と見て、その先にあるのが壮大なスケールで我々の前に迫る大氷河“ハーバード氷河”でした。
船と氷河との距離感をも麻痺させてしまう程のその巨大さと造形。アラスカの大自然の凄さを目の当たりにした一日でした。

著者紹介

篠本 秀人

1957年生まれ。88年から98年まではマイアミをベースに、主にカリブ海のダイビングスポットのレポートを日本の雑誌に紹介。
客船の撮影コーディネートの仕事をきっかけにクルーズの世界へ入り、20年以上にわたってクルーズ専門誌へ記事や写真を掲載するかたわら個展も多数開催している。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP