フォトエッセイ

Cruise:2012年アジア・オータムクルーズ(45)

青春時代

緯度:N 19度 0分

経度:E 111度 10分

天気:くもり

気温:27.0度

速度:16.2ノット


海域:南シナ海

寄港地:航海中

夜はギャラクシー・ラウンジで、「トップギャラン」による2回目のショーが行われました。
「トップギャラン」と言えば、大ヒット曲『青春時代(森田公一とトップギャラン)』が知られていますが、実はCMソングも数多く手がけていて、その一部が披露されると、なるほどどれも聞き覚えのある曲ばかり。
懐かしのポップスメドレーでは、多くの方がステージの前で踊り始めるなど、盛り上がりは最高潮に達し、最後は『青春時代』とアンコール曲の『グッバイマイラブ』でショーが締めくくられました。

著者紹介

大木 信哉

東京都江東区出身
1980年代より、インドネシアのバリ島をはじめ、アジア各地で人々の生活や文化などをテーマに撮影取材を続けている。
2012年には、写真展『心のキューバ』を、東京、大阪、福岡、名古屋の四都市で開催。
活動の場はアジアだけにとどまらず、ラテンアメリカにも広がっている。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP