フォトエッセイ

Cruise:2012年アジア・オータムクルーズ(45)

オーシャンターミナル

緯度:N 22度 18分

経度:E 114度 10分

天気:くもり

気温:18.5度

速度:0ノット


海域:南シナ海

寄港地:香港

土曜日の「尖沙咀(チムシャツォイ)」は人々で溢れています。スターフェリー乗り場の横では、蟹釣りをする人々や、飛鳥Ⅱをバックに記念撮影をする家族やカップルの姿が見られました。
午後10時、飛鳥Ⅱは予定通り「香港」を出港、100万ドルの夜景に汽笛がこだまします。やがて水先案内人がボートに乗り移ると、宝石を散りばめたような香港島の灯も遠のいて行きました。
いよいよアジア・オータムクルーズは終盤。「神戸」へと向かいます。

著者紹介

大木 信哉

東京都江東区出身
1980年代より、インドネシアのバリ島をはじめ、アジア各地で人々の生活や文化などをテーマに撮影取材を続けている。
2012年には、写真展『心のキューバ』を、東京、大阪、福岡、名古屋の四都市で開催。
活動の場はアジアだけにとどまらず、ラテンアメリカにも広がっている。

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP