フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

鏡開き

緯度:N 34度 28分

経度:E 135度 6分

天気:晴れ

気温:13.0度

速度:15.7ノット


海域:日本近海

寄港地:神戸

乗客全員がそろったところで、午後7時15分からアスカプラザで恒例の鏡開き。
友ケ島水道を航行する船が多く、ブリッジを離れられなかった船長の到着を待って、7時30分に鏡開きがはじまった。
会場に日本酒が注がれた木の枡が配られ、かぐわしい香りがふわっとひろがり、アルコールが飲めない私は、その香りだけで、もう酔ったような、おめでたい気分になってしまった。
写真は、中央が浅井壽船長、右が川上隆誌ホテルマネージャー、左が桑畑正尋機関長。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP