フォトエッセイ

Cruise:2013年オセアニアグランドクルーズ(92)

クルーショー

緯度:N 29度 52分

経度:E 135度 18分

天気:くもり

気温:16.0度

速度:12.6ノット


海域:北太平洋

寄港地:航海中

最後の大イベント、クルーがお客様への感謝の気持ちをこめてお届けする「クルーショー」がありました。
ギャラクシーラウンジの入り口前には開場を待つ列ができるほどの人気の高さです。バンド演奏がトップを切ります。ドラムスは女性で紅1点格好いいグループです。船医が鮮やかなギターを披露し、意外性と技の素晴らしさに大きな拍手をもらいました。キャビンスチュワーデスやレストランのウェイターたちの出し物では、一段と声援の声が大きくなりました。締めくくりはシニアオフィサーの登場です。今回はマジックショーで、船長がマジックで見事に登場し会場をあっと言わせました。フィナーレは全出演者がステージに上がり、増山船長の挨拶があり、金色のクラッカーが弾けます。
ついに明日は神戸港入港です。

著者紹介

水島 和實

東北大学卒業。会社員を定年退職後に写真を撮り始め、桜、紅葉、滝などの風景を中心に撮影。2002年世界一周クルーズ、2003年アジアグランドクルーズ、2004年ハワイ・アラスカグランドクルーズ、2005年オセアニアグランドクルーズ、2006年アジアグランドクルーズ、2007年オセアニアグランドクルーズ、2008年世界一周クルーズ、2010年アジアグランドクルーズに「飛鳥II」写真教室講師として乗船。
本フォトエッセイの連載は今回で7回目となる。

■写真集/

■その他/
「滝 永遠との出会い」

「ワンダーフォト」主催
ラビー八重洲写真教室講師

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP