フォトエッセイ

Cruise:2013世界一周クルーズ(245)

ビショップ・ミュージアム

緯度:N 21度 19分

経度:W 157度 52分

天気:晴れ

気温:28.0度

速度:0ノット


海域:北太平洋

寄港地:ホノルル

ホノルル入港を見ようと朝、5時半起床。外は湿度が低く涼しい。飛鳥Ⅱは、ワイキキ海岸沖をアロハタワーに向かっている。空全体がピンク色に染まっているが、水平線上に雲が多く、日の出が見られない。6時にパイロットが乗船。飛鳥Ⅱはあっというまにアロハタワー・ピア10に接近、着岸作業が始まった。
乗船者全員の対面入国審査が終了して、9時半に下船が可能になった。
私達はタクシーで「ビショップ博物館」にでかけた。午前10時半から日本語ガイドツアーがあり、担当者はサチコさん。カヒリ・ルームで、8代続いたハワイ王朝それぞれの王の生い立ち、王位についたいきさつから死まで、ドラマチックな話の数々を聴く。次に、125年前に建築された時の柱や床をそのまま残して、4年前に改修工事をした3階まで吹き抜け構造になっているハワイアンホール本館(写真)で、西洋に触れる以前のハワイについて、航海技術、信仰、生活全般、そして各階の展示物の特徴などについて話を聴き解散となった。鳥の羽根を使ってできた王族のマントやスカートなど興味深い展示物を見て回った。

著者紹介

青木 勝

1944年生まれ。東京工芸大学卒業後、スポーツニッポン新聞東京本社を経てフリーに。70年、日本航空嘱託契約カメラマンとして飛行機を撮りはじめる。航空雑誌、カメラ雑誌などに、飛行機写真を連載、写真展開催などで飛行機の魅力を広め、独自の飛行機写真の確立と発展
に努める。「2000年 世界一周クルーズ」、「2004年 南極・南米ワールドクルーズ」、「2009年 世界一周クルーズ」に乗船。(社)日本写真家協会会員、(社)日本旅行作家協会会員

最高の船旅(世界一周クルーズ他)をあなたに 飛鳥クルーズPAGE TOP